いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド

今話題の糖鎖とは? 難病改善のカギを握る栄養素を徹底解説

HOME » 現在わかっている糖鎖と病気の関係とは » ガン

ガン

このページでは、糖鎖と癌の関係を解説していきたいと思います。

癌の原因と症状

男性の2人に1人、女性の3人に1人が発症している癌。

主な原因として、発癌物質の存在が挙げられていますが、生活習慣の乱れによる精神的・身体的ストレスがも原因のひとつと考えられます。

治療法としては、手術、抗がん剤療法、放射線療法がありますが、どの方法でも、すでに免疫力が低下している患者の免疫力をさらに低下させるリスクがあり、完治したかに見えても、数年で再発してしまうことが多くあります。

癌治療でリンパ球が癌と闘うと、発熱、痛み、下痢などの不快な症状を伴います。体内で炎症反応が起こっているためです。

また、肺癌では咳、大腸癌は血便、膀胱癌は血尿などの症状も見られます。

糖鎖が転移の原因に!?

癌になると糖鎖の構造が変化し、正常な細胞間コミュニケーションが出来なくなってしまいます。癌化した糖鎖細胞は、正常細胞とのコミュニケーションを絶ってがんを増やしていきます。

また、癌化した糖鎖は細胞から剥がれやすくなり、血管に浸潤して転移していきます。

正常な糖鎖はガンを駆逐、転移を食い止めることもできる

糖鎖が癌化するなどの異常が起こると、癌細胞の転移の原因にもなってしまいますが、その逆に、正常糖鎖で癌を覆い、転移を食い止めることもできます。

人間の体には、本来癌を防ぐ機能が備わっています。癌細胞を発見し、攻撃細胞に命令を出して、癌細胞を撃退するのも、糖鎖の役割です。

糖鎖構造栄養素が体内に十分に補充されていれば、糖鎖が正常に働きます。

すると、免疫細胞が的確にガン細胞を発見し、情報伝達物質インターフェロンも活発に分泌するようになります。

さらに、攻撃細胞のNK細胞やT細胞の糖鎖も正常であれば、インターフェロンにすばやく反応し、ガン細胞を確実に駆遂するようになるのです。

おすすめの糖鎖サプリメントを価格や口コミで比較しています

 
いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド