いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド

今話題の糖鎖とは? 難病改善のカギを握る栄養素を徹底解説

HOME » 現在わかっている糖鎖と病気の関係とは » 認知症

認知症

このページでは、糖鎖と認知症との関係を解説していきたいと思います。

認知症の原因と症状

認知症の主な原因疾患であるアルツハイマー症。国内だけで患者数は約200万人と推定されていることを考えると、他人事ではありません。

アルツハイマー症は、脳の神経細胞の周りにアミロイドベータと呼ばれるタンパク質が重合して変質し、神経細胞の機能を阻害する病気で、神経伝達物質が減少がみられます。

アミロイドベータは、普通に生活していてもある程度発生してしまう物質。通常、40歳前後から蓄積が始まり、年齢とともに蓄積するスピードが速くなっていきます。

このアミロイドベータの誘導やその蓄積、つまり神経伝達にも、糖鎖が大きく関わっています

生物の細胞膜表面に存在する糖鎖が欠損すると、本来は自分の身体を防御する役割の免疫システムが、健康な細胞を攻撃してしまいます。

ある研究結果により、このとき脳が攻撃されると、アルツハイマー症のような症状を引き起こすことが明らかになりました。

つまり、生命に大きく関わる免疫システムも、正常な糖鎖によって維持されているということです。

認知症と糖鎖の関係

糖鎖には、細胞膜表面にあるタンパク質や脂質と結合し、脳神経系の働きを維持したり、損傷部分を修復する役割を果たしています。

脳神経の変性はアルツハイマー病やパーキンソン病などの原因になっています。

糖鎖がアルツハイマー症やパーキンソン病などの原因になる脳神経の変性を調整できれば、アルツハイマー症などの神経疾患の治療につながる可能性があります。

おすすめの糖鎖サプリメントを価格や口コミで比較しています

 
いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド