いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド

今話題の糖鎖とは? 難病改善のカギを握る栄養素を徹底解説

HOME » 現在わかっている糖鎖と病気の関係とは » ダウン症・自閉症

ダウン症・自閉症

このページでは、糖鎖とダウン症・自閉症との関係を解説していきたいと思います。

ダウン症と自閉症の原因と症状

ダウン症は、普通より染色体の数が1本多いという異常から発症する疾患です。

染色体異常による疾患のうち、最も頻度が高く、精神発達の遅れや特有の顔立ち、多発奇形が見られる症候群をいいます。染色体異常が起こる原因は特定されておらず、根本的な治療法がないため、症状に応じた治療が行われます。

一方、自閉症は、発達障害の一種。多くの遺伝子的要因が複雑に絡み合って起こる、生まれつきの脳機能障害です。自閉症の特徴として「対人関係障害、コミュニケーション障害、パターン化した興味や活動」の3つが指摘されています。

症状の軽い人を含めると100人に1人はいるといわれ、性別では男性が女性の約4倍発症し、自閉症の近親者での発生頻度は5~10倍であることが知られています。

糖鎖で脳を守る

糖質栄養素を摂取することで、幹細胞の生成が促進されることが確認されています。

幹細胞は、身体のどの細胞にも変化できる万能細胞。近年の研究で、幹細胞が神経細胞にさえも変化するということがわかってきました。

これにより、今までは不可能だと考えられていた脳神経の再生についても光が見えてきたのです。

治癒困難と考えられていた、ダウン症や脳障害、アルツハイマー、パーキンソン病などにも改善の道があるかもしれないのです。

糖質栄養素のサプリメント摂取により、ダウン症が改善されたという事例も。糖質栄養素の補充療法により糖鎖を整えることで、細胞の糖鎖が通常と違う遺伝子の不具合を調整する働きをするのだとか…。

ダウン症も自閉症も発症原因は特定されていませんが、糖鎖の働きを正常化することが、症状改善の糸口になる可能性もありますね。

今後の研究結果に期待したいところです。

 

おすすめの糖鎖サプリメントを価格や口コミで比較しています

 
いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド