いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド

今話題の糖鎖とは? 難病改善のカギを握る栄養素を徹底解説

HOME » 現在わかっている糖鎖と病気の関係とは » アレルギー

アレルギー

このページでは、糖鎖とアレルギー、アトピーとの関係を解説していきたいと思います。

アレルギー・アトピーの原因と症状

近年増加傾向にある、アレルギー疾患。特に子供に多く発症しているのが、アトピー性皮膚炎と気管支ぜんそくです。

社会生活に支障が出るほどの重症患者も増えてきていますが、アレルギーもアトピーも、一般的には根本原因が不明とされ、根治する治療法も確立されていません

そもそも、アレルギー症状はなぜ起こってしまうのか?それは、アレルゲンや異物を体の外に排泄しようとするためです。

例えば、アトピー性皮膚炎などでは、体内にアレルゲンが侵入すると、その部分の血流を増やし、アレルゲンを薄めるようとする反応が起こります。

一方、気管支ぜんそくでは、アレルゲンをシャットアウトするために、急いで気管を閉じ、強い息で吐き出そうという反応が起こります。

どちらも不快な症状ですが、根本的には、アレルゲンから体を守ろうとする治癒反応であるということをまず理解しておく必要があります。

正常な糖鎖が過剰なアレルギー反応を抑える

アトピー性皮膚炎などへの対処としては、抗ヒスタミン剤、抗セロトニン剤、抗ロイコトリエン剤、ステロイドホルモン、消炎鎮痛剤などが使用されています。

これは病気を根本から治すものではなく、あくまでも対症療法。特にステロイドは副作用のリスクが大きく、病気と副作用の両方で苦しむ患者も少なくありません。

では、糖鎖はアレルギーやアトピーなどの疾患と、どのような関係があるのでしょうか?

例えば、子供の気管支ぜんそくは、気管支の粘膜が薄いために過敏に反応してしまい、細菌やダニなどハウスダストの影響を受けやすくなることで起こります。

糖鎖には粘膜をしっかりさせたり、好酸球(白血球の一種)の働きをコントロールする働きがあります。

糖鎖が正常に働くようになれば、過剰なアレルギー反応が抑えられ、症状も緩和されるのです。

おすすめの糖鎖サプリメントを価格や口コミで比較しています

 
いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド