いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド

今話題の糖鎖とは? 難病改善のカギを握る栄養素を徹底解説

HOME » 注目の糖鎖についてやさしく解説します » 糖鎖の3つの働きとは?

糖鎖の3つの働きとは?

この糖鎖の発見は、現代医療においてペニシリン・ワクチン・遺伝子と並び、医学会の4大発明とも言われているそうです。このページでは、糖鎖の働きについて解説していきます。

糖鎖とは、どんな働きをする物質なのか?

病気と糖鎖の密接な関係糖鎖とは、人体を構成する全ての細胞をつなげる役割をする物質。人体は約60兆個の細胞でできていますが、その細胞ひとつひとつの表面を、産毛のように覆っています。

「糖鎖」という名前の通り、様々な糖(単糖)が鎖のようにつながってできている物質です。

この糖鎖は、体内で主に次の3つの働きを担っています。

  • 自己防衛機能(免疫力)
  • 自己修復機能(正常に戻ろうとする力)
  • 自己調整機能(現状を維持する力)

この3つの働きについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

糖鎖の3つの働き

  • 自己防衛機能(免疫力)
    細菌やウイルスなど、体に害を与える異物が侵入してきた時に働く、防衛機能。
    細胞の表面を産毛のように覆う糖鎖は、門番のように体内環境に目を光らせています。細菌やウイルスに触れ、その存在を確認すると、侵入者の正体を知らせ、各所(つまり各細胞)へ排除命令を出すのです。
    体内の免疫細胞が働き、異物を追い出そうとするのは、糖鎖の働きがあってこそなのです。
  • 自己修復機能(正常に戻ろうとする力)
    人体の組織が何らかの原因で傷ついたとき、健康な人なら傷口は自然に治っていきますよね。これが、自己修復機能です。
    自己修復機能が発揮されるには、糖鎖の伝達能力が欠かせません。体の異常に気づいた糖鎖が、修復機能を発揮するように各組織に情報を伝え、目的の組織や細胞がその情報を正しく受け取る。バトンリレーのように、どれかひとつが抜け落ちてしまうと、目的が達成できなくなってしまいます。
  • 自己調整機能(現状を維持する力)
    外部から加わるストレスを防御し、神経細胞やホルモンバランスが乱れないように保つのも、糖鎖の働きです。免疫システムを正常に保つだけでなく、神経系・内分泌系のバランスを取ることも、糖鎖の大切な役割です。

健康と糖鎖は切り離せない!

このように、糖鎖は様々な働きをしながら、健康な状態を維持しようとしていますが、異物の認識や修復・調整能力に加え、もう一つ重要な役割を担っています。

それは、細胞同士の情報交換です。細胞同士は、連絡をしあうことで、初めて正常に働くことができます。また、脳のネットワークにも、糖鎖が大きく関わっています。

人間が、健康でいるためには、糖鎖と、糖鎖を構成する8種類の糖質栄養素は、絶対に欠かせない存在です。 薬も食べ物から得られる栄養も、それが細胞に届き、有効に利用されるかどうかは、糖鎖の働きにかかっています。

糖鎖なくして健康なし。糖鎖の重要性について、お気づきいただけたでしょうか?

 
いのちの鍵を握る!糖鎖まるわかりガイド